Pino landへ行く
twitter
facebook
ピノ ブランドヒストリー
ピノ ブランドヒストリー
ピノ ブランドヒストリー
ピノ ブランドヒストリー
ピノ ブランドヒストリー
ピノ ブランドヒストリー
ピノ開発背景
ピノ開発背景
ピノ開発背景
ピノ開発背景
ピノ開発背景 「日本国民に愛される新しいスタイルのアイスを提供したい」
1970年代当時、日本で売られていたアイスクリームは、カップやコーンやバーくらいでした。
「新しいスタイルのアイスを提供したい」という想いから、当時アイスクリームの技術が発達していた米国を視察。
そこで見つけた小粒サイズのアイスをヒントに、日本で開発をスタート。
目指したのは、子供から大人まで食べられるような一口サイズのアイス。
口を開けたときの形をヒントに円錐台の一口形状を設計。
また、チョコでアイスを完全にコーティングして、アイスの形が溶けて崩れるのを防ぎ、
かつ手が汚れないようピックで食べるスタイルを発案。
独自の製造技術と設備を試行錯誤の上設計して1976年ピノが生まれました。
ネーミングは、小さくて可愛らしい円錐台の形から、
イタリア語で“松ぼっくり”を意味するpino(ピノ)から命名。
1976年 ピノ誕生
ピノ初代パッケージ
新しいスタイルの提案から定番商品に成長

1976 ピノ誕生

発売当時は、“フローズンデザートチョコボール”というフレーズで発売。当時は“PINO”と大文字表記の黄色ロゴで、オレンジ色を基調としたデザインでした。
ピノ 10周年
ピノ 1986年パッケージ

1986 赤と白のピノカラーパッケージに

「太陽」をイメージした赤と、「ミルク」をイメージした白を基調としたパッケージデザイン、赤いpinoロゴに変更。今ではピノカラー、ロゴとしてすっかり定着しています。これ以降、赤と白のピノカラーをベースに少しずつデザインをチェンジし続け、鮮度感を出すように工夫しています。また、この年にはイメージキャラクターに国生さゆりを起用しました。
一人でも家族でも、様々なシーンで楽んでもらいたいピノ チョコアソート登場

1992 ピノ チョコアソート登場

“もっとピノを食べたい”、“色々な味のピノを食べたい”というお客様からのリクエストもあり、「バニラ」「アーモンド味」「チョコ」の3種類の味が楽しめるアソートパックを発売。今でも根強い人気を誇るアーモンド味はこの時に初登場しました。個包装なので、1人で好きな時に好きな味を楽しんだり、家族みんなで分け合いながらピノを楽しめるシーンが広がりました。
ピノ チョコアソート1992年パッケージ
ピノ 1996年パッケージ

バニラのパッケージ変更

透明な器にピノを並べた高級感のあるデザインにリニューアル。

1996 発売20周年

パッケージリニューアルと同時に、20周年記念として6粒入りを通常の120円から謝恩価格100円で販売。
ピノ チョコアソートも、通常の24粒を28粒に増量して謝恩セールを実施しました。

2002 ポップで楽しい新パッケージに

「ひとくちチョコアイス」の定番としてのポジションを確立したピノ。シングルパック、アソートパックともにパッケージデザインをポップで楽しいものにリニューアルしました。イメージキャラクターに嵐を起用したのもこの年のことです。
ピノ 20周年
ピノ 1996年パッケージ
ピノ 2002年パッケージ
より多くのお客様に色々なピノを楽しんでもらいたい 初のフレーバータイプ登場
ピノ いちご

2004 期間限定フレーバー品「ピノ いちご」発売

“6粒入りで色々な味を食べたい”というお客様の声や、多様化するお客様のニーズを満たし、より多くのお客様にピノを楽しんでもらいたいという想いから、初の期間限定フレーバー品「ピノ いちご」を発売。以後、毎年多くの期間限定フレーバー品が登場し、その時しか味わえない限定ピノを楽しんでいただいております。
ピノトリビア
ピノトリビア
1983年に<ピノミンツ>という商品を発売したことがある。
ピノ 2005年パッケージ
ピノ 30周年
ピノ 期間限定アソート
ピノ 2008年パッケージ

2005 木村カエラをイメージキャラクターに起用

さらに楽しさ・ポップさを強めたパッケージに変更し、イメージキャラクターに木村カエラを起用。活発で、ポップ。身近な友だちのように愛されるピノのイメージが広がり、翌年の発売30周年記念木村カエラ限定パッケージの登場につながりました。


木村カエラ限定パッケージがあった。

2007 いろいろな味が楽しめる期間限定アソートを発売

過去発売した期間限定フレーバー品で人気の高かった「いちご」、「カフェラテ」と定番バニラを加えた期間限定のアソートパック「期間限定アソート」を初めて発売。定番のチョコアソートと共に、冬らしいデザインにすることで季節感を演出しました。以降、様々な限定フレーバーを詰め合わせた期間限定アソートを発売しております。

2008 「ながらピノ、する?」

“ケータイしながら”、“音楽を聴きながら”、“仕事しながら”など「ながらピノ、する?」というフレーズで、一口サイズのピノの新しい楽しみ方を提案しました。イメージキャラクターにPerfumeを起用しました。
現在のピノ
ピノをもっと楽しんでもらうために、様々なシーンでの楽しみ方を提案。
プロモーションでは、朝にピノを食べる「朝ピノ」や、自分オリジナルのピノが楽しめる「ピノフォンデュカフェ」を展開。
また、2014年に、大人気のアーモンド味のファンサイト「アーモンドファンクラブ」を開設しました。

2016年、おかげさまで発売40周年を迎える事ができました。
ピノ 2010年パッケージ
ピノ 40周年
ピノ 2016年パッケージ
世代を超えて愛されるロングセラーブランドへ

1年間でお客様に召し上がっていただいているピノの数は約11億個で、
横に並べると、約赤道1周分になります。

これからも、世代を超えていつまでも愛される身近なブランドであり続けられるように、お客様と共に歩んでいきたいと思います。